【RHYTHMOS 47CARAVAN 2023】 Vol.19 TROA 2023.11.10~12

 

【RHYTHMOS – 47CARAVAN 2023】
Vol.19 山形/TROA

開催日:2023年11月10日(金)〜12日(日)
会場:TROA
〒998-0013 山形県酒田市東泉町6丁目2-11 営業時間 11:00 ~ 19:00

鹿児島のレザーブランド《RHYTHMOS:リュトモス》が数年かけて47都道府県を巡回する受注会 [47 CARAVAN:ヨンナナキャラバン]。19箇所目の開催地に、当店「TROA」を選んでいただきました。
当店での取り扱いが終了して早や1年以上。3日間限定ではありますが、こうしてまた、当店でRHYTHMOSをご案内できる機会をいただけたことに感謝です。

=========

RHYTHMOS

デザイナー:飯伏 正一郎

大学卒業後に就いた教職を離れ、2002年より独学でレザークラフトの道へ。県内の老舗の紳士服テーラー所属のレザー職人として、バッグや財布など数々のオーダーメイドを手がけるなどの活動の後、2008年に初個展を開催。
2010年に「RHYTHM(リズム)」として独立。徐々に活躍の場を広げ、2015年「RHYTHMOS(リュトモス)」として工房を併設したショップを移転オープン。リュトモスのすべてのアイテムのデザインを手がけるほか、自らも職人の一人としてすべての手仕事を手がける。

https://rhythmos.co.jp/

=========

ちょうど3年前、当店にてRHYTHMOSのポップアップを開催した時の話です。
大盛況のまま初日が終了して、ほっと一息つきつつ僕と飯伏さんとふたりでタイ料理を食べているときのこと。
「折り入ってご相談したいことが…」とおもむろに話し出した内容が、まさかの「御社との取り引きを終了させてくれないか?」でした。
当店に無くてはならない看板ブランドのひとつだっただけに、率直にびっくり&がっかりした訳ですが、事の経緯を伺っていくうちに、飯伏さんの想いに共感し快諾しました。
嘘のない彼の姿勢に「だよね、そうだよね。うんうん。」と、納得しつつも、内心やっぱり彼女にフラれたときみたいなセンチメンタルな気分になったあの日の事を思い出します。
さて、その時飯伏さんが話していた内容はというと…

 

「今はオンラインでの買い物が当たり前の世の中になってる。リュトモスの財布だって、オンラインで販売され、これまでたくさん買っていただいた。
御社でも数多く販売していただいてる。でも、簡単に買える分、簡単に消費されてしまう確率が上がると思うんだ。
そんな循環に、自分が作ったものを組み込みたくない。そう感じてるんだよね。
僕が扱っている革は、命を貰って作られたもの。敬意を示したい。だから、心を込めて、丁寧に素材と向き合い、これ以上ないほどに手間をかけてリュトモスの製品を作ってる。
心を込めて、魂削って、命ある動物から授かった「革」で、僕はものづくりしてるんだ。
だから今は、極端だけど、僕自身が、使う人に直接届けれる分だけを販売したいという気持ちになってる。今日のイベントみたいに直接話しながらね。長く、大事に使ってもらうために。
いまは、沢山作ってたくさん売ることに興味はない。理想的には、もうこれ以上売らずに修理屋になりたいと真剣に思ってるぐらい。作ったものを、より長く使ってもらえるように。
そこまで行くにはまだ先だけど、まずは手始めに、勝手だけど、取扱店をぐっと減らしてオンラインの販売を止める。そこから始めようって結論に至った。
通常の取引は終了する方向で進めたいけど、お世話になっているトロアさんとは、今後違う形で関わっていけたらいいな、と考えているから、定まったら連絡するね。」

 

…と、そんな内容だったと思います。その後、約束通りTROAとの取引は終了し、そのまた1年後に始まったのが「RHYTHMOS 47CARAVAN」でした。

期間中は、3日間すべて代表の飯伏さんが(3年ぶりに!)在店します。
店頭で飯伏さんのお話を伺いながら全ラインナップをご覧いただけます。
「生み出すモノには使う人があらかじめ決まっていて、作る人と使う人がお互いに顔の見える関係になる。見た目やデザインだけでなく、使い勝手やその背景にあるストーリーに触れてもらう事で、永く大切に使い続けてもらいたい。」

そんな飯伏さんの願いがカタチになった特別な巡回展。東北では実物をみることすら難しくなったリュトモスのアイテムを直接触れながら注文できる貴重な3日間です。
長く大切に使い続けたいお財布やバッグが欲しい方はぜひご来店ください。

すでにリュトモス製品をお持ちの方は、修理や名入れも承ります。

《受注会時のみの特典》

◆通常展開外のカラーも受注が可能

◆2トーンカラーオーダー可

◆ネーム入れ対応

 

=========

 

【What about 47CARAVAN】
47CARAVAN /  ヨンナナキャラバンは、リュトモスが2022年から数年をかけて、47都道府県を巡回する受注会ツアーで、これまでご縁のなかった都道府県も含め、全国へ足を運ぶ予定です。
即売ではなく、受注というスタイルを選んだのには理由があります。
受注生産にすることで、生み出すモノには使う人があらかじめ決まっていて、作る人と使う人がお互いに顔の見える関係になります。さらに、見た目やデザインだけでなく、使い勝手やその背景にあるストーリーに触れてもらう事で、永く大切に使い続けてもらえる可能性が高まると考えるからです。
オンラインで買い物が出来る時代に、アナログで非効率な方法かもしれませんが、そもそも手間のかかる手縫いという製法を選ぶ私たちにとっては、ごく自然なやり方だと思っています。
オーダーから手元に届くまでの、その待つ時間も楽しみになるようなお買い物を提供できたら、私たちも幸せです。
これから新しい出会いとなる方、開催店の皆さま、すでにリュトモスユーザーの方も。
それぞれの時期が巡りましたら、是非、お話ししましょう。
実際に手に取ってご覧いただくことはもちろんですが、
こんな時代だからこそ、直接お会い出来ることを楽しみにしています。

RHYTHMOS飯伏 正一郎